女子にとっての適度の「肉」

30代も後半に入ってようやく気付いたのは、「痩せている」と「美しい」ないし、「かわいい・きれい」は根本的に異なるものだということです。にも拘わらず、おそらく日本の女子の95%(推定値)はこの2つを混同し、せっせとダイエットに励んでしまうわけですが、それよりはむしろメイクやファッションに磨きをかけた方がよいのではないか?というようなタイプの子も多い。かくいう私も、10代~20代後半の頃はスタイルを気にしてかなりハードな食事制限をやっていたのですが、その頃の写真を見ると、確かにダイエットには成功していたのかもしれないけれど、なんかげっそりしていてはっきり言って全然かわいくない。

そういえば、しょっちゅう「疲れた」「だるい」ばっかり言っていたし・・・。もちろん、太りすぎは健康にもよろしくないけれど、ある程度の「肉」があった方が似合う洋服の幅も増えるし、健康的でいいんじゃないか?とつぶやくアラフォーの私でした。

とはいえ、「適度に肉がついた状態」というのを維持するのがまた難しいんだけれどね・・・。