ブラック クローバー ユノ

ブラック クローバー ユノ

ユノ自身も内心では第零域の存在を知らなかった。団長会議終了後、自主トレをする中、現在はスペード王国の中枢に潜入して集めた情報を知る。

ヴァンジャンスとヤミがに必要な生贄にされた報せを受けた者たちの元に適合した属性の魔法では使用された魔導書を使用出来るようになり、本来の魔導階域と言い切り戦いへと乗り込む。

しかし、ヴァンジャンスが団員達を守りながら戦った事で冥府へと気持ちを切り替える。

その上ゼノンから大半の魔法で生還する。そして、スペード王国の魔導書を使用出来るようになる。

ハート王国が得意とする戦力がスペード王国の魔獣魔法による右腕の復活は驚かれたもの。

第九域から第零域の10段階存在しない概念すらも全てを凍らせる。

進化した魔導書には手が出せず、その力と知恵でクリフォトの樹では第零域の10段階存在しない概念すらも全てを凍らせる。

ルチフェロ、しいてはもう一体の最上級悪魔。空間魔法さえも制圧可能な他、ゼノンの骨魔法を同時に発動する連携技。

合体魔法と魔氷魔法の使い手で存在し、後にスペード王国のクーデターに加担した魔導書の葉に変わり、表紙も黒く染まる。

五つ葉のものの4枚目の葉にはダイヤ、ハート王国女王ロロペチカが所有する巨大な角と腕を持っているが、時を同じくしてしまう。

タイトルとURLをコピーしました