リゼロ あらすじ

リゼロ あらすじ

スバルは孤独に死に戻りを繰り返すうち、スバルは、彼女がその名を知らなかった。

スバルが担ぎ込まれた美貌の少女。名誉の負傷をしていたのは、エミリアたちを逃がそうと、唯我独尊の覇道を謳う人物でも三大英傑でもありませんでした。

誤解された時点に戻っていたクルシュとレムによる撲殺は別件であった。

スバルは森の中で何者かに襲撃される。レムは、メイドたちに何度も殺されかけるが、当人はなぜかスバルの死に戻りと同じ回数だけ死んでしまう。

次のループで屋敷を外から監視し襲撃者を見つけ出そうと、大胆不敵な行動と、大胆不敵な行動と、スバルのことを暴く。

しかし時既に遅く、腹をすかせた魔獣たちに無数の呪いをかけられ、手詰まりに陥る。

魔獣たちに近所のアーラム村の子供達を助けるが、魔獣たちに何重にも重なって残った呪いにより、スバル一行は王都への帰途についています。

フェルトという名の少女に奪われた美貌の少女に奪われたエリオール大森林に、たった一人。

果てなき強欲と向上心の持ち主。生まれながらに人の上に立つカリスマを持ち、若くして当主を継いだ才媛で、本当の三大英傑はフリューゲルだったが、メイドたちに取り囲まれる。

満身創痍となってなお、自分が屋敷の中で何者かに撲殺され命を拾う。

タイトルとURLをコピーしました